【Amazonプライムデー】お買い得モニター関連商品をまとめて紹介!

240Hzって意味ない?144Hzとどっちがいい?比較して違いを徹底解説!

本ページはプロモーションが含まれています。

※本ページはプロモーションが含まれています

今回、ゲーミングモニターの144Hzと240Hz、どっちがいいかを解説します。

240Hzは意味ない?」「144Hzとの違いは体感で変わらない?」と聞いてどっちがいいか迷っていませんか?

実際、よく考えずにゲーミングモニターを購入して後悔する人も少なくありません。

うさ先生

モニターの購入で失敗する人は昔の私だけで十分ですよ。

【結論】違いは体感できるけど、144Hzより240Hzの方がゲームに勝ちやすくなるとは限らない。よって「どっちがいいかは必要性を考えよう」です。

この記事を読めば、144Hzと240Hzの違いや必要性が完全に理解でき、あなたにとってどっちがいいか判断できるようになります。

ぜひ、正しいモニターを選択して余計に買い直すことがないようにしましょうね。

筆者について

バックエンドエンジニアとして20年プログラミングで飯を食ってきたサラリーマンパパ。仕事では数多くのPCやモニターなどを購入し、Windowsのない古の時代からコンピューターに精通。

ゲームに関してはファミコンからPSシリーズ・ゲーミングPCまでいつの時代も欲が止まらない。失敗も数多くしてきた経験と知識でゲーミングを始める方のお役に立てるよう日々精進して参ります。

目次

144Hzと240Hzどっちがいい?違いを徹底解説!

ここではリフレッシュレート144Hzと240Hzの違いを分かりやすく解説します。

リフレッシュレートとはモニターの表示速度を表したもので、例えば60Hzであれば1秒間に60枚の画像を次々と切り替えて表示することが可能。

うさ先生

原理はパラパラ漫画といっしょだよ。高速でたくさんの画像を切り替えることで、ゲームの映像が動いて見えるってわけ。

では、144Hzと240Hzの違いを分かりやすくする為に60Hzと比較してみます。

リフレッシュレート1秒間に表示する画像枚数1枚の表示時間
240Hz240枚約4ms
165Hz165枚約6ms
60Hz60枚約17ms

上記の通り、60Hzに比べ、144Hzは2.4倍、240Hzは4倍の画像枚数を同じ時間内に表示できます。

勘のいい人なら気付いたかもしれませんが、リフレッシュレートが高ければ表示できる枚数が多い分、人間の目にはよりスムーズに動いて見える。

百聞は一見に如かずなので以下の動画をご覧ください。

うさ先生

この動画はGPU(グラフィック処理ユニット)を開発している企業「NVIDIA」が紹介しているので、とても正確な情報だよ。

表示できる枚数が多いと動きがスムーズになるため、キャラクターの操作やエイムの精度が向上します。また、「表示枚数が多い = 情報量が多い」ことになるので、FPSゲームであれば敵に早く気付くことができて有利になり、レーシングゲームであれば障害物を回避できる可能性が上がります。

そして若い方なら、60Hzより144Hz、144Hzより240Hzの方が滑らかな動きを明らかに体感できます

うさ先生

では、なぜ「144Hzと240Hzが変わらない」と言われるのかを深堀して解説しますね。

240Hzは意味ない、144Hzと変わらない、と言われる理由

「240Hzは意味ない」「144Hzと変わらない」と言われる理由ですが、先に結論をお伝えすると240Hzにすればゲームに勝ちやすくなるとは限らないからです。

以前、企画番組でプロゲーマー達による以下の検証が行われました。

FPSにおいて世界的にも有名なトッププレイヤーであるシュラウド選手やコーリー選手も加わり、各リフレッシュレートにおける射撃のヒット数を検証した結果、144Hzと240Hzではほとんど違いがありませんでした。

選手60Hz144Hz240Hz
LINUS913.7516.8
SHROUD
(シュラウド)
917.516.75
COERY
(コーリー)
11.2522.222.5
※数値は一定時間における平均ヒット数。

よって、リフレッシュレートを144Hzよりどんなに上げても勝率にはあまり影響しないとも言えるでしょう。

以上が「144Hzと240Hzが変わらない」と言われる理由です。

うさ先生

とは言え、実際多くのプロゲーマーが240Hzゲーミングモニターを使っているのは周知の事実ですよ。

ゲームの腕前に自信がないなら144Hzで十分!人気の3機種を紹介

今、ゲームの腕前に自信がないなら144Hzで十分!勝てない理由をモニターのせいにするのはやめましょう。

だって、165Hzと240Hzの価格差は約2万円と大きいのに相当の腕前でない限り射撃のヒット率が変わらないとなると、165Hzは圧倒的にコスパが高くてお得でしょ。

あなたの必要性にあった選択が大事です。

うさ先生

浮いたお金で他のゲーミングアイテムを検討した方がよっぽど勝率は上がるでしょう。

とは言え、安すぎるメーカー品を選ばないよう注意も必要です。素早く動いた際に残像が発生しやすく見づらいので、後悔する可能性大だから。

ここでは私が自信をもってお勧めできる高性能な3機種を紹介します。

スクロールできます
Noメーカーモデル名サイズ解像度パネルリフレッシュ
レート
応答速度価格
LGUltraGear
24GN650-BAJP
23.8インチFHDIPS144Hz1ms約2.5万円
BenQZOWIE
XL2411K
24インチFHDTN144Hz1ms約3.3万円
ASUSTUF Gaming VG28UQL1A-J28インチ4KIPS144Hz1ms約8.2万円

※価格は常に変動しております。最新の価格は各ショップで必ず確認してください。

①【144Hz】LG UltraGear 24GN650-BAJP 23.8インチ ゲーミングモニター

チェックポイント

液晶メーカーが開発した「デザイン × 性能 × コスパ」のバランス最高モデル。

LG(エルジィ)の23.8インチ144Hzゲーミングモニターです。LGことLGエレクトロニクスはスマホをはじめ、ノートPCやテレビ、生活家電などあらゆる製品を開発しているメーカー。どの製品もデザイン性に優れておりスタイリッシュ。本モデルもスタンドから液晶パネルまでスリムで素直にカッコイイ。さらに赤を基調としたリアデザインはゲーマーとしてワクワクする。もちろん性能も応答速度1msのIPSパネルでHDR対応と完璧です。

②【144Hz】BenQ ZOWIE XL2411K 24インチ ゲーミングモニター

チェックポイント

多くの世界大会で使用されるブランド、それがZOWIE。

BenQ(ベンキュー)のZOWIE(ゾーイ)モデル24インチの144Hzゲーミングモニターです。ZOWEIはプロ用e-Sports機器ブランドとして誕生し、世界中の大会で使用されるほど。プロ目線でみると本機種はエントリーモデルになりますが、残像感を軽減する黒挿入技術DyAc(ダイアック)も搭載され、応答速度は1msとZOWEIにふさわしいスペックとなっています。

③【144Hz】ASUS TUF Gaming VG28UQL1A-J 28インチ ゲーミングモニター

チェックポイント

PC技術を知りつくたメーカーが本気で開発した4K・144Hzモニター。

あのASUSがPS5用に本気で開発してきたゲーミングモニター28インチです。接続規格HDMI2.1で4K&144Hzに対応。しかもIPSパネルで応答速度は1msと死角なし。DisplayHDR 400にも対応し繊細で超高画質な映像でゲームができます。最近はAmazonプライムビデオでも4K作品が増えてきたので映画視聴でも楽しいでしょう。この完璧な仕様で他社を抑えて10万円を切る価格設定はうれしい限りです。

とは言え、上記はホンの一部で、以下の記事ではオススメ機種をガッツリ紹介していますのでよろしければどうぞ。

240Hzが意味ない訳ない!もっと上達できるおすすめ3機種を紹介

では、240Hzのゲーミングモニターは意味ないのでしょうか。

答えはNoです。

240Hzを選んでも勝率は上がらないかもしれませんが、間違いなく映像はなめらかで快適になります。

うさ先生

実際多くのプロゲーマーが240Hzゲーミングモニターを使っているのは周知の事実ですよ。

ただし、240Hzモニターを選ぶ際は、ゲーミングPCが十分なハイスペックであるかが重要。

具体的にはグラフィックボードを「NVIDIAならGeForce RTX3080」「AMDならRadeon RX6800」以上が理想です。※画質設定を落とせば、もっと下のグラフィックボードでも楽しめます。

以下3機種なら、まず後悔することはないでしょう。

スクロールできます
Noメーカーモデル名サイズ解像度パネルリフレッシュ
レート
応答速度価格
AcerNitro XV252QZbmiiprx24.5インチFHDIPS240Hz0.5ms約4.3万円
LGUltraGear
27GP750-B
27インチFHDIPS240Hz1ms約4.4万円
BenQMOBIUZ
EX270M
27インチFHDIPS240Hz1ms約5.4万円

※価格は常に変動しております。最新の価格は各ショップで必ず確認してください。

①【240Hz】Acer Nitro XV252QZbmiiprx 24.5インチ ゲーミングモニター

チェックポイント

240Hz・0.5msはハイエンドクラスとしては最高レベルのスペック。

ノートPCでも有名なAcer(エイサー)の24.5インチFHDゲーミングモニターです。「IPSパネル・240Hz・0.5ms」はまさにFPS用として最高級仕様。デザインもスタンドがシンプルで、どんな環境にもマッチします。HDR400にも対応しており全く妥協を感じません。後悔したくなければコレを買いなさい!と言えるぐらいのスペックです。

②【240Hz】LG UltraGear 27GP750-B 27インチ ゲーミングモニター

チェックポイント

液晶メーカーが開発したハイエンドゲーミングモニター。

LG(エルジィ)の27インチ240Hzゲーミングモニターです。LGと言えばスマホが有名ですが、自社で液晶パネルを開発しているメーカーでもあります。本機はガッチリしたスタンドで高さ調整や回転ができ、あらゆるスタイルに対応可能。さらに赤を基調としたリアデザインはゲーマーとしてワクワクする。もちろん性能も応答速度1msのIPSパネルを採用しており完璧なスペックです。

③【240Hz】BenQ MOBIUZ EX270M 27インチ ゲーミングモニター

チェックポイント

「高音質 × 240Hz × IPS」のスペシャルモデル。

BenQ(ベンキュー)の人気シリーズMOBIUZ(モビウス)の27インチ240Hzゲーミングモニターです。パネルは色再現性の高いIPSパネルで応答速度は1msと高速。そして特筆すべきはtreVoloスピーカーを採用した高音質設計で他メーカーと差別化されている。HDRやFreeSyncも対応しており、このクラスとしては機能てんこ盛りのスペシャルモデルと言っていい。スピーカー内蔵にこだわるならコレ!

まだまだ240Hzゲーミングモニターのおすすめ機種は沢山あり、以下の記事にて選ぶポイントも解説しています。

まとめ.PCの性能や必要性にあったゲーミングモニターを選びましょう

今回は、ゲーミングモニターの144Hzと240Hzの違いを解説しました。

表示速度に差はありますが、プロゲーマーによって射撃のヒット率はほとんど差がないという検証結果が出ています。

だからこそ、PCの性能や必要性にあったモニターを選ぶことが大事。

うさ先生

思考停止で240Hzを選ぶと意味のない高い出費になる可能性があるので注意しましょう。

PS5が120Hzに対応してきたこともあり144Hzのゲーミングモニターは益々人気となりました。

また、グラフィックボード等の価格低下により、昔より高性能なPCが手に入りやすくなったので、さらに240Hzゲーミングモニターの需要は増えると予想されます。

自分にとっての価値観をしっかり決めて、意味のあるモニター選定をしましょう。

では、よきゲームライフをぜひ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次