マウスコンピューターの評判

PS5版Apex(120fps)に最適!おすすめゲーミングモニター5選【他のFPSにも最高】

※本ページはプロモーションが含まれています

今やFPSの代表ゲームとなったApex Legends(以下Apex)。
Apexを有利にプレイしたくてPS5を購入した人は少なくないでしょう。

そこでPS5本体以外でもっとも重要なアイテムがゲーミングモニターです。
なぜなら、普通のモニターを使うと素早い動きが遅れて表示されるから。

結論を先にお伝えするとリフレッシュレート144Hzもしくは165Hzのゲーミングモニターを選びましょう。

理由は周波数の違いで以下のような特徴があるから。

普通のモニター(60Hz以下)
  • カクカクした映像
  • 残像が出やすい
ゲーミングモニター(144Hz以上)
  • スムーズな映像
  • 残像がほとんどない
  • 暗い場所でも視認性アップ

とは言え、ゲーミングモニターの種類は多く、初めて購入する人はどれにしたらいいか迷うのではないでしょうか。

うさ先生

名のあるメーカーだけでも15社以上あるから迷って当然だよ!

そこで今回、PS5版Apexに最適なおすすめのゲーミングモニターを紹介します。

また、初心者でも分かるように選び方も解説しますので、ぜひ、お気に入りの機種を見つけてくださいね。

>>すぐにPS5のAPEXにおすすめのモニターを見てみる

PS5版Apexで120fpsが出ない/できない方はこちらの記事を参考にどうぞ。

筆者について

バックエンドエンジニアとして20年プログラミングで飯を食ってきたサラリーマンパパ。仕事では数多くのPCやモニターなどを購入し、Windowsのない古の時代からコンピューターに精通。

ゲームに関してはファミコンからPSシリーズ・ゲーミングPCまでいつの時代も欲が止まらない。失敗も数多くしてきた経験と知識でゲーミングを始める方のお役に立てるよう日々精進して参ります。

目次

PS5版Apex(120fps)用ゲーミングモニターの選び方

PS5版Apex(120fps)用ゲーミングモニターの選び方

PS5版Apex用のゲーミングモニターを選ぶ際、以下6つのスペックを最低限チェックしましよう。

・リフレッシュレートは144Hzまたは165Hzを選ぶ
・応答速度は1ms以下を選ぶ
・画面サイズは24インチか27インチを選ぶ
・解像度はFHDを選ぶ
・パネル種はTN・VA・IPSどれでもOK
・HDRはこだわり派のみ選ぶ

上記には載せていませんが、スピーカー内蔵タイプが欲しい人は有無を確認する必要があります。

うさ先生

スピーカーを内蔵していないゲーミングモニターは多いです。でもApexのようなFPSの場合、敵の足音も聞こえるヘッドセットを使用しましょう。

では、それぞれのスペックを解説します。

リフレッシュレートは144Hzまたは165Hzを選ぶ

結論を先にお伝えするとPS5に適したゲーミングモニターのリフレッシュレートはズバリ120Hz以上。なぜなら、PS5のフレームレートは最大120fps、つまり120Hzだから。

リフレッシュレートとはモニターの表示速度を表したもので、例えば60Hzであれば1秒間に60枚の画像を次々と切り替えて表示可能です。

うさ先生

前提知識としてゲームや映画などの動画は、パラパラ漫画のように沢山の画像を高速で切り替えることで動いて見えています。

勘のいい人なら気付いたかもですが、リフレッシュレートが速ければ速いほど人間の目にはよりスムーズに動いて見えるわけ。

百聞は一見に如かずなので以下の動画をご覧ください。

うさ先生

この動画はGPU(グラフィック処理ユニット)を開発している企業「NVIDIA」が紹介しているので、とても正確な情報だよ。

表示枚数が多い = 情報量が多い」ことになるので、FPSゲームであれば敵に早く気付くことができて有利になり、レーシングゲームであれば障害物を回避できる可能性が上がります。
また、表示がスムーズのため目の疲れも軽減し、より一層プレイに集中できるメリットあり。

とは言っても、PS5にとって240Hzはかなりオーバースペックで高い金額を払った割に使われない領域が多く勿体ないことになります。

よって、PS5用なら以下の2種から選びましょう。

PS5に最適なリフレッシュレート
  • 144Hz
  • 165Hz
うさ先生

144Hzや165Hzなら、将来ゲーミングPCを導入しても十分使えるからおすすめだよ。

フレームレートとは

フレームレートの単位は「fps(フレーム・パー・セコンド)」で、60fpsであれば「1秒間に60枚の画像を出力」できます。144Hzのモニターを購入してもゲーム機が60fpsなら意味ないので気を付けましょう。

応答速度は1ms以下を選ぶ

応答速度とは、画面の「ある色」が「違う色」に変わるまでの時間のことで多くのモニターがGtG方式を採用しています。

うさ先生

GtGは「GTG」や「GtoG」と表記されることもあるよ。

GtGとは「Gray to Gray」の略で、「ある中間色」から「違う中間色」に変わるのに要する時間。液晶の原理としてピンクやグレーなどの中間色は色を作るのに時間がかかるので、このGtGが速いってことは性能がいい指標になるわけです。

GtGイメージ図
うさ先生

絵の具を思い出してほしい。グレーって白と黒を混ぜて作るからひと手間かかるでしょ。

応答速度GtGは、通常のPCモニターですと4ms~15ms程度ですが、ゲーミングモニターでは1ms以下の機種が増えてきました。応答速度が遅いと残像が出やすくなるのでゲームの世界ではリフレッシュレートと同じぐらい重要なスペックとなります。

PS5でもFPSやレーシングのような速いゲームジャンルであれば1ms以下がベスト。

とは言え、144Hzは周期で表すと約7msです。なので他のそれほど速さを必要としないゲームなら6msでも十分と言えます。

うさ先生

ちなみに応答速度の単位は「ms(ミリ・セコンド)」で「1ms=1000分の1秒」ですよ。

画面サイズは24インチか27インチを選ぶ

モニターの画面サイズですが、単純に見やすい大きいモニターがいいなって言う発想で選ぶのはやめましょう。モニターサイズはどういったプレイスタイルかによって決めるべきです。

まずはゲーミングモニターの代表的な以下3つのサイズを比較してみます。

サイズ液晶パネルの対角線の長さ
24インチ60.9cm
27インチ68.6cm
32インチ81.2cm

視覚的に比較すると以下のようになります。

うさ先生

モニターのサイズを本体の外形サイズと勘違いしている人が多いですが、液晶パネルの対角線の長さことなので覚えておきましょう。

32インチは24インチより20cm以上大きいので設置するスペースがあるか等、注意が必要です。

PS5でもプレイスタイルや欲しい効果によって画面サイズを選ぶべきです。

サイズプレイスタイルや効果
24インチFPSをガチプレイしたいなら画面全体を楽に見渡せる24インチがおすすめ。
なぜなら、飛び出してきた敵にいち早く気付けるから。
以上の理由から24インチを使っているFPSプロゲーマーは多い。
27インチゲームに没入感や迫力を重視するなら27インチがおすすめ。
24インチより対角線で8cm程の違いですが、明らかに大きく感じます。
PC作業と兼用でも文字が大きく見えて快適になります。
32インチちょっと離れて家族や友達と複数人でプレイするにはベストな選択になります。
ただし、置きたい場所に十分なスペースがあるかよく確認しましょう。
大画面なので映画鑑賞も最高です。

解像度はFHDを選ぶ

液晶モニターの解像度といえばFHD(フルHD)が主流でしたが、近年、WQHD4Kのモニターが増えてきており人気です。

解像度画素数(横 × 縦)
FHD1920 × 1080
WQHD2560 × 1440
4K3840 × 2160

視覚的に比較すると以下のようになります。

うさ先生

4K解像度は、ドット数がFHDの4倍なので同じサイズであれば非常に繊細で美しい描画となります。

まず注意点としてPS5はネイティブでWQHDに対応していません。よってWQHDゲーミングモニターを使用した場合、基本FHD・120Hzの設定で使用することになるでしょう。

結論、ApexのようなFPSには「FHD」をおすすめします。

なぜなら、価格が安く、プレイしていてFHDで不満を感じるゲームではないから。

でも、どうせならPS5の全性能を完全に引き出したい場合は、高価でも「4K・120Hz」に対応したゲーミングモニターを選びましょう。価格が下がってくれば将来主流になるスペックになるかも知れません。

パネル種はTN・VA・IPSどれでもOK

液晶パネルには種類があって代表的なものに「TN」「VA」「IPS」の3つがあります。それぞれの特徴は以下の通り。

スクロールできます
パネル種応答速度視野角色再現コストピッタリ
の用途
TN速い狭い悪い安いゲーミング
VA遅いやや狭いやや良いやや安い映画鑑賞
IPSやや遅い広い良いやや高いゲーミング
映画鑑賞
デザイン

あえて比較すると上記のようになりますが、どのパネルでも応答速度は1msを実現しておりゲーミングとして問題はありません。

たまに、TNパネルって安っぽいイメージを持たれている方がいらっしゃいますが、プロゲーマーでもTNパネルのゲーミングモニターを採用している方が大勢いらっしゃいます。

うさ先生

一人でプレイするのに視野の狭さは問題なし。

FPSなら尚更、色再現性的な美しさを楽しんでる場合ではありませんから。

とは言え、やっぱりIPSの美しさは格別です。予算に余裕があるのならIPSを選ぶのは完全にありですね。

HDRはこだわり派のみ選ぶ

HDRって多くのスマホカメラに採用されている技術なので、聞いたことがある人も多いはず。でも意味を知らずに使っている人も多いのがHDRです。

HDRとは「High・Dynamic・Range(ハイ・ダイナミック・レンジ)」の略で、通常より明るさの幅を広く表現できる技術のこと。

うさ先生

デジカメやスマホで写真を撮った際、明るすぎて「白飛び」、暗すぎて「黒つぶれ」の経験ってあるでしょ。

HDRなら明るさの階調が広いので「白飛び」や「黒つぶれ」を抑えた、まるで人の目で見たような美しい描画ができる。

ただし「ゲームソフト」もHDRに対応している必要があります。

うさ先生

PS5版Apexも2022年3月30日よりHDRに対応したよ!

Apexの場合、HDRの美しい映像に浸っている余裕はないかもですが、こだわり派はぜひ。

⇧目次へ戻る

PS5用APEX(120fps)対応モニターおすすめ5選【FHD】

PS5用APEX(120fps)対応モニターおすすめ5選

こちらではPS5のAPEXにおすすめのゲーミングモニターを紹介します。

選定基準は以下の通り。

  • 24インチ or 27インチ
  • 144Hz or 165Hz
うさ先生

ちなみに144Hzと165Hzで迷うのはあまり意味ないです。なぜなら体感的にはほぼ違いがないから。でも気になる人は165Hzにした方が後悔はないよね。
また、FPSで勝つことだけが目的なら全体を見渡しやすい24インチを選びましょう。

まずは以下の一覧表をご覧ください。

※価格は常に変動しております。最新の価格は各ショップで必ず確認してください。

スクロールできます
メーカーDellBenQLGMSIPixio
型式G2422HSZOWIE XL2411K24GN65R-BG274FPX273 Prime
サイズ23.8インチ24インチ23.8インチ27インチ27インチ
パネルIPSTNIPSIPSIPS
解像度フルHDフルHDフルHDフルHDフルHD
リフレッシュ
レート
165Hz144Hz144Hz180Hz165Hz
応答速度1ms1ms1ms1ms1ms
接続端子HDMIx2, DPx1HDMIx2, DPx1HDMIx2, DPx1HDMIx2, DPx1HDMIx2, DPx2
スピーカーなしなしなしなしなし
HDRなしなしありありあり
その他無輝点
交換保証
プロ愛用
ブランド
液晶製造
メーカー
各種ゲーミング
メーカー
30日間
返品無料
価格約3.0万円約3.3万円約2.5万円約3.3万円約3.2万円

どの製品もゲーミングブランドとして地位を確立してきたメーカー品でおすすめですが、特に③LG製はHDR付きなのにコスパが最高ですね。企業努力がスゴイ!
また、②BenQのZOWIEは言わずと知れたプロ仕様。③のDellも十分すぎる性能です。

では、それぞれ簡単に特徴を解説します。

①【24インチ】Dell G2422HS ゲーミングモニター

チェックポイント

Amazonでよくセール対象になる人気モデル。

PCでも知名度が高いDell(デル)の165Hzゲーミングモニター23.8インチです。色再現性の高いIPSパネルで解像度はフルHD。FPSを楽しむモニターとしては完璧なスペックです。しかもこの安さで高さ調整まであり誰にでも姿勢を合わせられます。また、Dellの特筆すべき点は3年間無輝点交換保証。要するにドット抜けを3年間不具合として交換対応してくれます。FPS初心者なら間違いなく満足度の高い逸品です。

②【24インチ】BenQ ZOWIE XL2411K ゲーミングモニター

チェックポイント

多くの世界大会で使用されるブランド、それがZOWIE。

BenQ(ベンキュー)のZOWIE(ゾーイ)モデル24インチの144Hzゲーミングモニターです。ZOWEIはプロ用e-Sports機器ブランドとして誕生し、世界中の大会で使用されるほど。プロ目線でみると本機種はエントリーモデルになりますが、残像感を軽減する黒挿入技術DyAc(ダイアック)も搭載され、応答速度は1msとZOWEIにふさわしいスペックとなっています。

③【24インチ】LG ゲーミングモニター UltraGear 24GN65R-B

チェックポイント

液晶メーカーが開発した「デザイン × 性能 × コスパ」のバランス最高モデル。

LG(エルジィ)の23.8インチ144Hzゲーミングモニターです。LGことLGエレクトロニクスはスマホをはじめ、ノートPCやテレビ、生活家電などあらゆる製品を開発しているメーカー。どの製品もデザイン性に優れておりスタイリッシュ。本モデルもスタンドから液晶パネルまでスリムで素直にカッコイイ。さらに赤を基調としたリアデザインはゲーマーとしてワクワクする。もちろん性能も応答速度1msのIPSパネルでHDR対応と完璧で、正直、安すぎです!

④【27インチ】MSI G274F ゲーミングモニター

チェックポイント

IPS・27インチ・165Hzクラスでは最安レベルのコスパモデル。

グラフィックスボードでも有名なMSI(エムエスアイ)のFHDゲーミングモニター27インチです。リフレッシュレートはこの価格でなんと180Hzで応答速度は1ms。しかも液晶パネルは視野角が広く色再現性が高いIPSパネルを採用。ゲーミングらしいスタンドと超スリムなベゼルがデザイン性を引き立てている。e-SportsをターゲットにしたモデルだがIPSなのでPC作業などでも最高です。APEXを迫力ある映像で楽しみたい方はぜひ!

⑤【27インチ】Pixio PX273 Prime ディスプレイ ゲーミングモニター

チェックポイント

アメリカで設立されたゲーマーのためのモニター企業。国内はPixio Japanがサービス対応なので安心。

Pixio(ピクシオ)の27インチフルHDのゲーミングモニターです。リフレッシュレートが165Hzもあるのにこの価格は安すぎて神!さらにIPSパネル採用で応答速度は1msと性能に妥協を感じません。Pixioは学生でも購入できるよう「高性能ゲーミングモニターをお求めやすい価格まで下げる」をコンセプトに開発してるメーカー。製品保証は3年間でさらに理由を問わず30日間返品無料対応は品質に自信あり。

関連

以上、紹介しましたモニターはすべてスピーカーが内蔵しておりません。
もし、スピーカー内蔵のゲーミングモニターが欲しい方は、こちらの記事も参考にご覧ください。

PS5用ゲーミングモニターにおすすめ外付けスピーカー&ヘッドセット

PS5用ゲーミングモニターにおすすめ外付けスピーカー&ヘッドセット

ゲーミングモニターはスピーカーが内蔵していないモデルが非常に多いです。

なぜなら、狭いところに小さいスピーカーを付けたところで音質が悪くて意味ないから。

うさ先生

特にAPEXのようなFPSでは「足音」など音から入る情報を聞き取れるかどうかで勝敗が決まることもあります。

だから、みんなでワイワイやるときは外付けスピーカー、ガチで勝ちに行くときはヘッドセットと使い分けましょう。

Edifier G2000 ゲーミング スピーカー

パソコン用スピーカーでも定評のあるEdifierの最新ゲーミングスピーカー。

Bluetooth, AUX, USBと3つの接続方法があり、PS5やパソコン・スマホなどを可能。

プロの音響チームが開発に加わり、ゲームや映画、音楽すべてにおいて音質にこだわった一品です。

色は「ホワイト、ブラック、ピンク、レッド」の4色あり、どんな環境にも合わせられます。

ちなみにEdifierはオーディオ界で25年以上の歴史があります。

Creative Pebble V3 スピーカー

お値段以上の音質と話題となったCreative Pebbleの最新版、V3です。

V3では、DACを内蔵してUSBオーディオとBluetoothワイヤレスの再生も可能になり、まさにコスパ最強。

ノート パソコンのUSB Type-Cポートにも接続が可能になったので使い勝手がさらにアップ。

カラーは「ブラックとホワイト」の2色。

うさ先生

我が家はV1を使っていますが、価格に見合わないほどの高音質です。

外付けスピーカーはそこそこ音が良ければOKって方は、コレで決まり!

ソニー ゲーミングヘッドセット INZONE H3 MDR-G300

ソニーが発売したヘッドセット「INZONE H3 MDR-G300」です。

デザインからして完全にPS5用ですよね。

360立体音響と優れた振動版を採用し、優れた音の定位を実現したところは、流石ソニーと言ったところ。

FPSプレイでも敵の位置が分かりやすいと評判です。

Razer BlackShark V2 ゲーミングヘッドセット

初心者にもイチオシのゲーミングヘッドセット「Razer BlackShark V2」です。

本機は、敵の足音などの微音もしっかりと再生し、どの方向から敵が来たか分かると評判で、まさにAPEXのようなFPSの為に開発されたと言っても過言ではないでしょう。

USBサウンドカード付とバージョンアップし、さらにノイズのないクリアな高音質を実現。

うさ先生

我が息子が愛用しており、着け心地も含め、文句のつけようがないとのことです。

ゲーミングヘッドセットは5000円以下の無名ブランド品も多くあり、初心者が安さに惹かれて購入し失敗する代表的なデバイスです。

最低、このぐらいの投資をしないと意味ないですよ。

まとめ.PS5にゲーミングモニターは必須です

まとめ.PS5にゲーミングモニターは必須です

今回はPS5版Apexに最適なおすすめのゲーミングモニターを紹介しました。

個人的には、Apexって3Dの非常に動きの激しいゲームなので4K映像を楽しむ余裕はなく、安価なFHDで十分かと思います。

実際プロゲーマーも24インチのFHDを使用している方が多いですから。

うさ先生

4Kの場合、対応モニターは10万円以上するよ

もし、PS5対応の4Kモニターも知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

ぜひ、お気に入りのゲーミングモニターを手に入れて思う存分Apexを楽しんでください。

では、よきゲームライフを!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次