【Amazonプライムデー】お買い得モニター関連商品をまとめて紹介!

安い!240Hz激安ゲーミングモニターおすすめ5選【コスパ最強】

本ページはプロモーションが含まれています。

※本ページはプロモーションが含まれています

ゲームを本気で楽しむにはゲーミングモニターは必須です。その中でもリフレッシュレート240Hzのモニターが誰もが憧れるプロ用スペック。

そして出来るだけ安く手に入れたいけど、どの機種がいいのか迷いますよね。

うさ先生

モニターの場合、特に安い機種を買う場合は注意が必要だよ。

つまり、安いゲーミングモニターこそ、しっかりと重要なスペックをチェックする必要があります。

そこで本記事では、コスパが最高で安い240Hzゲーミングモニターのおすすめ機種を紹介します。

ぜひ、後悔しないためにも必要なスペックの意味をしっかり理解してから購入しましょう。

うさ先生

近年、240Hz激安ゲーミングモニターを見かけるようになりました。だけど安いだけで私は紹介しません。それなりの知名度や普及状況も選定条件に入れています。

本記事がゲーミングモニター選定の一助になれば幸いです。

筆者について

バックエンドエンジニアとして20年プログラミングで飯を食ってきたサラリーマンパパ。仕事では数多くのPCやモニターなどを購入し、Windowsのない古の時代からコンピューターに精通。

ゲームに関してはファミコンからPSシリーズ・ゲーミングPCまでいつの時代も欲が止まらない。失敗も数多くしてきた経験と知識でゲーミングを始める方のお役に立てるよう日々精進して参ります。

目次

リフレッシュレート240Hzがなぜ必要?144Hzとの違いも解説

240Hzゲーミングモニターのことを、めちゃくちゃ表示速度が速いモニター的なざっくりとした理解の人も多いはず。

ゲーミングモニターを選定するために、必ずリフレッシュレートの意味を正確に理解しましょう。

うさ先生

前提知識としてゲームや映画などの動画は、パラパラ漫画のように沢山の画像を高速で切り替えることで動いて見えています。

リフレッシュレートの単位は「Hz(ヘルツ)」ですが、60Hzであれば「1秒間に60枚の画像を切り替えて表示」が可能。

240Hzは「1秒間に240枚」なので60Hzよりも表示画像数がなんと4倍!よって「60Hzでは1枚」のところを「240Hzは4枚」表示するわけです。

百聞は一見に如かずなので以下の動画をご覧ください。

うさ先生

この動画はGPU(グラフィック処理ユニット)を開発している企業「NVIDIA」が紹介しているので、とても正確な情報だよ。

144Hzとの違い

大半の人は分かっちゃったかもですが、144Hzは「1秒間に144枚」なので、240Hzは144Hzより1秒間に96枚も多く表示できる。要するに映像のスムーズさがグッと上がり、FPSをやりこんでいる人はこの差が体感で分かる世界なんです!

表示枚数が多い = 情報量が多い」ことになるので、FPSゲームであれば敵に早く気付くことができて有利になり、レーシングゲームであれば障害物を回避できる可能性が上がります。
また、表示がスムーズのため目の疲れも軽減し、より一層プレイに集中できるメリットあり。

うさ先生

ちなみに240Hzで表示したければ、フレームレート240fpsを出力できる「ゲーミングPCなど」が必要だよ。

例えば、ミドルクラスと言われる以下のスペックのゲーミングPC。私も所有しています。

PCスペック
  • 【CPU】インテル(R) Core(TM) i5-11400F プロセッサー
  • 【GPU】NVIDIA GeForce RTX 3060 Ti
  • 【メモリ】16GB

このスペックであると144HzゲーミングモニターではAPEXプレイで144Hz張り付きになります。

よって、240Hzを選んでおくと限界値が分かったり、画質を落としてもっと上げてみたりといろいろ遊べる楽しみが増えるわけです。

フレームレートとは

フレームレートの単位は「fps(フレーム・パー・セコンド)」で、60fpsであれば「1秒間に60枚の画像を出力」できます。240Hzのモニターを購入してもゲーム機が60fpsなら意味ないので気を付けましょう。ちなみに「PS5」は120fpsなので144Hzのゲーミングモニターで十分表示可能です。

安いだけでモニターを購入してはダメ!私の実体験を紹介

突然ですが質問です。

大手のネットショップで期間限定の大セール中です。
たまたま、残り1個のメッチャ安い240Hz激安ゲーミングモニターを見つけたらあなたはどうしますか?

A

誰かに取られないうちに即買い

B

ちょっと考える

うさ先生

決断力は素晴らしいですが、Aの方は後悔する可能性が上がるので注意が必要です。

昔の話ですが、モニターが壊れた際パニックになった私はお店に駆け込み、見た目と金額だけをみて安いモニターを購入した経験があります。

案の定、後悔だらけでした。

モニター購入で失敗した内容

  • 24インチではなく21インチだった
  • フリッカーフリー機能なし
  • DisplayPort端子(DP端子)なし

その後、このモニターが原因で目の疲れに悩まされる羽目になりました。モニターは一度購入するとなかなか買い替えようとは思わないものです。

240Hzのゲーミングモニターの場合は以下のスペックを最低限チェックしましょう。

チェック項目一覧

  • 応答速度
  • サイズ
  • 解像度
  • パネル種
  • HDR
うさ先生

チェック項目に「フリッカーフリー」と「DP端子」が入っていないのは、今やどのメーカーも当たり前の機能だからだよ。

では、安いモニターを選ぶ際、これらのスペックをどのように選べばいいのか深掘りして解説します。

できる限り安い240Hzゲーミングモニターの選び方

できる限り安い240Hzのゲーミングモニターを購入する際の選定条件は以下となります。

選定条件
  • 応答速度は「1ms
  • サイズは「24インチ
  • 解像度は「FHD
  • パネル種は「TN
  • HDR機能は「不要

上記の通りですが、それぞれゲーミングモニターとして十分なスペックである理由を簡単に解説しますね。

応答速度は「1ms」

応答速度とは色の表示を変える速度のことで、ほとんどのメーカーがGtG方式で測定している。
GtGとは「Gray to Gray」の略で、「ある中間色」から「違う中間色」へ変わるまでに要する時間と言う意味。

GtGイメージ図
うさ先生

モニターの原理として中間色の変更は処理時間が長いため、このGtGの値が小さいほど性能が良いモニターってことだよ。

結論、応答速度は「1ms」を選びましょう。原理上、240Hzなら4ms以下であれば十分速いですが、いまのトレンドは1ms。ちょっと高額となる0.5msまでは必要なしです。

サイズは「24インチ」

モニターはサイズは、27インチよりも安い24インチを選ぶこと。

24インチは小さすぎと勘違いしている人もいるがそんなことはない。実際のサイズは以下の通り。

24インチの画面の対角線長は約61cm。

うさ先生

30cm定規2個分より長い!これでも小さすぎると思いますか?

ちなみにもっと安い21.5インチのゲーミングモニターもあるけど、置き場所がない人以外にはオススメしません。
なぜならゲームの醍醐味である迫力がグッと下がるから。

とは言え、迫力重視なら27インチのセール品を狙うのは完全にありですね。

解像度は「FHD」

現在、ゲーミングモニターの解像度として主流なのは以下の3つです。

解像度画素数(横 × 縦)
FHD1920 × 1080
WQHD2560 × 1440
4K3840 × 2160

結論からお伝えします。

解像度はフルHD(FHD)一択です。

高解像度であるWQHDや4Kは明らかに価格がグッと上がります。
とにかく安いモニターが欲しいのに、高解像度モニターを選定したら、目的と行動が合っていません。

うさ先生

私は勝つゲームだけが目的ならFHDでOK派です。映像も十分綺麗ですよ。

とは言え、本来はどんなゲームをやりたいかで解像度は決めるべきです。
FPSならフルHDでOK。繊細なグラフィックが話題のRGPならWQHDや4Kの方が満足度が高いでしょう。

パネル種は「TN」

液晶パネルには種類があって代表的なものに「TN」「VA」「IPS」の3つがありますが、もっとも安いモニターが欲しければ迷わず「TN」を選びましょう。

特徴は以下のとおり。

スクロールできます
パネル種応答速度視野角色再現コストピッタリ
の用途
TN速い狭い悪い安いゲーミング
VA遅いやや狭いやや良いやや安い映画鑑賞
IPSやや遅い広い良いやや高いゲーミング
映画鑑賞
デザイン

一番コストが安い「TN」が原理上もっとも残像が少なく「FPSゲーム」に向いています。
とは言え、「VA」「IPS」も最近はコストが下がり、ビックリするほど大きな価格差ではありません。

HDR機能は「不要」

コストが上がるため「HDR機能なし」のモニターを選びましょう。

HDRとは、通常より明るさを表現する幅が広く、「白飛び」や「黒つぶれ」を抑えた、まるで人の目で見たような美しい描画ができる技術のことです。

うさ先生

デジカメで写真を撮った際、明るすぎて「白飛び」、暗すぎて「黒つぶれ」の経験ってあるでしょ。

とは言え、HDRはゲーム機やソフトも対応していないと使えない。HDRが無くても十分綺麗なので「HDR機能なし」でOK。

安い!240Hz激安ゲーミングモニターおすすめ5選【コスパ最強】

それでは、コスパが良くて安い240Hzゲーミングモニターのおすすめ5機種を紹介します。24インチと27インチのモデルから厳選しました。

まず、ここでの「コスパが良い」の定義を説明します。

コスパが良いとは

搭載している機能に対し、他の機種よりも明らかに安い状態。
言い換えると費用対効果が高い商品である。

紹介する機種は、ただ安いものを選んでいません。メーカーの信頼性や知名度、ゲーミングとしての性能まで妥協のないものだけを選定しています。後悔しないために大事なことです。

ただし、この高性能でどう考えても安いモデルはVAパネルやIPSパネルであっても選定しました。

うさ先生

近年人気の出てきたinnocnは激安ですが知名度は他のメーカーより低いよ。逆に世界のAOCは安すぎて理解不能レベルですね。
とは言え、IPSパネルなのにAcerの安さは企業努力がスゴイ!

スクロールできます
メーカーinnocnAOCAcerPixioLG
型式25G1HC27G2ZE/11XV252QZbmiiprxPX279 Prime27GP750-B
サイズ24.5インチ27インチ24.5インチ27インチ27インチ
パネルVAVA湾曲IPSIPSIPS
解像度フルHDフルHDフルHDフルHDフルHD
リフレッシュレート240Hz240Hz240Hz240Hz240Hz
応答速度0.5ms0.5ms1ms1ms
接続端子HDMIx2, DPx1HDMIx2, DPx1HDMIx2, DPx1HDMIx2, DPx1HDMIx2, DPx1
スピーカーなしありなしなし
HDRなしあり(エフェクト)ありありあり
その他話題の激安メーカー世界シェアNo1コスパ最高のacer30日間返品無料保証 液晶製造メーカー
価格約2.8万円約3.0万円約4.0万円約4.0万円約4.4万円
価格は日々変動します

① innocn ゲーミングモニター 25G1H

チェックポイント

人気上昇中の中国メーカーで話題の激安モデル。

近年徐々に知名度を上げてきたinnocn(イノクン)の24.5インチFHDゲーミングモニターです。本機はリフレッシュレート240HzのVAパネルを採用しているのに、思わず2度見して確認したくなるほどの安さ。ただし、応答速度が不明でした。メーカーとしての評価は上々のようですが、私的にはまだ様子見のメーカーですね。

② AOC ゲーミング モニター ディスプレイ C27G2ZE/11

チェックポイント

AOCは、2019年・2020年の2年連続で世界シェア1位を獲得。

AOC(エーオーシー)をご存じだろうか?日本では認知度が低いかもですが世界シェアはなんと2年連続で1位を獲得しているメーカー。本機種は湾曲モニターで解像度はFHD、リフレッシュレート240Hz、応答速度0.5msと本格的で且つ、コントラストの高い27インチVAパネル使用なのに、なんと4.0万円を余裕で切る安さ。評価も上々で今年も日本で最安値争いに参戦の予感。徹底的なコスト重視ならAOCを軽視してはいけませんよ。

③ Acer ゲーミングモニター Nitro XV252QZbmiiprx

チェックポイント

世界のAcerが本気で作ったハイコストパフォーマンスモデル。

あのPCメーカーで有名なAcerが本気で開発したフルHD24.5インチの240Hzゲーミングモニターが本機となります。さらにDPポートなら最大280Hzまで対応可能。色再現性の高いIPSパネルを採用し、応答速度は驚異の0.5ms。なのに、この低価格はコスパがハンパない。フリッカーレスやブルーライトシールドなど目に優しい技術も搭載されており、安さ優先の人にもおすすめできる逸品です!

④ Pixio PX279 Prime ディスプレイ ゲーミングモニター

チェックポイント

アメリカで設立されたゲーマーのためのモニター企業。国内はPixio Japanがサービス対応なので安心。

Pixio(ピクシオ)の27インチフルHDのゲーミングモニターです。リフレッシュレートが240Hzもあるのにこの価格は安すぎて神!さらにIPSパネル採用で応答速度は1msと性能に妥協を感じません。Pixioは学生でも購入できるよう「高性能ゲーミングモニターをお求めやすい価格まで下げる」をコンセプトに開発してるメーカー。製品保証は3年間でさらに理由を問わず30日間返品無料対応は品質に自信あり。

⑤ LG ゲーミングモニター UltraGear 27GP750-B

チェックポイント

液晶メーカーが開発したハイエンドゲーミングモニター。

LG(エルジィ)の27インチ240Hzゲーミングモニターです。LGと言えばスマホが有名ですが、自社で液晶パネルを開発しているメーカーでもあります。本機はガッチリしたスタンドで高さ調整や回転ができ、あらゆるスタイルに対応可能。さらに赤を基調としたリアデザインはゲーマーとしてワクワクする。もちろん性能も応答速度1msのIPSパネルを採用しており完璧なスペックです。

まとめ.最高なモニターで思う存分ゲームを楽しもう

今回はエンジニアの私が安い!と思う240Hzのゲーミングモニターを紹介しました。もちろん、機能や性能に妥協のないメーカー品ばかりです。

モニターを購入する際は、とにかく安いだけで選定してはいけません。機能や性能はもちろん、デザインだって選ぶ際の重要な要素です。

うさ先生

カッコイイと思うモニターの方が使っていてワクワクします!

また、本当は27インチが欲しいけど我慢して24インチにするとか、本当は4Kが欲しいけど妥協してフルHDにするとか、そう言った場合はもう少し予算を貯めましょう。

性能やデザインが気に入った機種を買いましょう!これが後悔しないために大事なことです。

うさ先生

もっと大事なのは、選んだモニターで思う存分楽しむことだよ。

では、よきゲームライフをぜひ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次